青汁で血液サラサラ

青汁で血液サラサラ

青汁が生活習慣病に効果があると言われているのは、血液をサラサラにする働きがあるからなんです。
中年になると起こりやすいのですが、血中に脂肪やコレステロールが多く含まれると血はドロドロになり、動脈硬化を引き起こす要因となります。動脈硬化が進行すると、糖尿病、脳梗塞、高血圧や心筋梗塞などの原因になりかねません。
そこで、ドロドロ血液をサラサラにするためにお奨めなのが青汁です。例えば、ケールを主原料とした青汁は、血栓の生成を抑制したり、血行促進の効果があるのです。 さらに青汁のビタミンCやカロテンはコレステロール値を下げて血液をサラサラにし、カリウムは高血圧や糖尿病の予防や改善に効果を発揮します。そしてビタミンEには動脈硬化そのものを予防する働きがあるのです。
こんな素晴らしい効果が期待できる青汁ですが、1日にたったコップ1杯で健康に良い成分をたっぷり摂取することができるのですから、飲まない手はありませんね。もちろん青汁さえ飲んでいれば、病気にならないというわけではありませんが、リスクは確実に低くなるのです。病気になってから治療するのではなく、体の中から改善して病気になり難い体作りをすることが大切ですね。