青汁の成分はみな同じ?

青汁の成分はみな同じ?

青汁に含まれている主な成分として、食物繊維・ビタミンA・ビタミンC・カルシウム・カリウム・マグネシウム・鉄分・葉緑素などがあります。一見同じような青汁でも成分の配合は異なります。原料ごとに特徴をご紹介していきましょう。
元祖青汁の原料はケールでした。ケールは、キャベツやブロッコリーの原種と言われていて、欧米では食用もされています。でも日本では味が好まれないからでしょうか、ほとんどが青汁用に栽培されています。スーパー野菜と呼ばれるケールは栄養素が豊富で、特にビタミンA、ビタミンE、カルシウムが多く含まれています。また、メラトニンという若返りホルモンも入っているとは驚きです。栄養的には言うことなしのケールですが、難点はクセのある味。
ケール以外に有名なのが大麦若葉です。大麦の若葉を使っていて、ケールよりずっと飲みやすいのが特徴です。マグネシウム・βカロチン・鉄分などのミネラルや酵素も多く、新陳代謝を促すビタミンB1やカロチンも含まれています。だから、ダイエットやアンチエイジングにも効果があると言われています。
明日葉も人気があります。明日葉にはカルコンやクマリンが含まれていて、抗菌作用や発ガン物質抑制作用が期待できます。血液をサラサラにしたり、アルツハイマーにも効果があるとされていますので、高齢者にいいかもしれません。
このように含まれる成分は似ていますが、特徴は異なります。せっかく飲むなら目的を持って、自分に合ったものを選ぶのがお奨めです。